住宅保証制度

住宅保証制度
工務店と住まいの請負契約書を取り交わしてから、完成して引き渡しがあり、そのに住んでいくうえで、家を守ってくれる保証制度があります。
住宅保証制度
見学会イメージ写真
>>まじめな工務店の住宅展示場トップに戻る


住宅保証制度


住宅保証制度

瑕疵(かし)担保保証

 工務店が新築住宅を引き渡す場合、平成21年施工の住宅瑕疵担保履行法によって、
 保険加入(又は供託)が義務付けられました。

瑕疵担保保証は、住まいの瑕疵(=あるべき品質や性能の欠如)修復を保証する制度です。
平成12年に施行された「住宅の品質確保の促進等に関する法律」(品確法)により、
工務店は新築住宅を引き渡時から10年間、雨漏りや基本構造部分の瑕疵を無償で
修復することになりました。保障機関は、住宅の工事中に現場検査を行います。


 【落とし穴】 ただし、保証の対象は「雨漏りと基本構造部分」のみで、室内クロスの破れ
 や外壁など、暮らしに大きな支障がない箇所は修復してくれません。
 また、工務店が倒産すると、この保証は受けられなくなります。
 保証期間中に工務店が倒産し、保証を受けることができなくなった場合は、保証機関が
 瑕疵担保責任を引き継ぐタイプの任意保険もあります。


◆保証機関には以下の5つの団体があります。
財団法人 住宅保証機構
(株)住宅あんしん保証
ハウスプラス住宅保証(株)
(株)日本住宅保証検査機構(JIO)
(株)ハウスジーメン

完成保証制度

施工を請け負った工務店が、家の完成前に倒産してしまった場合、別の工務店に施工を引き継いでもらうことになります。その際、増えた建築費を補填して、家を完成させるための保証制度です。

保証機関は、それぞれ保証内容に違いがありますので、請負契約前に「完成保証」について必ず聞き、契約時には保証書を見せてもらいましょう。

 
【落とし穴】 保証機関と締結した契約棟数以上は完成保証されません。」工務店に対し、
 自分の物件が保証されているか、口頭でなく証書を実際に目で見て確認する必要があります。


◆保障機関は以下の団体があります。
財団法人 住宅保証機構
(株)住宅あんしん保証
(株)日本住宅保証検査機構(JIO)





工務店の住宅展示場 〜 家づくりの夢をかたちにする工務店のネット上の住宅展示場