自分にはいくらの家が建てられるの? 

資金計画

ご自分とご家族の人生設計に基づき、しっかりとしたマネー計画を立て、無理のない返済計画と、施工費やさまざまな家づくりの全体予算を知っておかなければなりません。

いくらの家が建てられる?
予算の立て方
住宅ローン・シミュレーション(リンク)
諸費用・坪単価・見積書など
助成金・補助金
>>まじめな工務店の住宅展示場トップに戻る


いくらの家が建てられる?

夢の家づくりでまず真っ先に考えるひとつが予算
「住宅ローンの種類
フラット35・・住宅金融支援機構と民間金融機関の提携による長期固定金利の住宅ローン
財形住宅融資・・財形貯蓄を行っている労働者が対象の住宅ローン。
民間金融機関の住宅ローン・・銀行・保険会社など民間の金融機関が独自で提供するローン

「自分にはいくらの家が建てられるか」 「返済がちゃんとできるか」
金融機関は、税込み年収に占める返済額の割合(返済負担率)で貸付金額を決めます。

フラット35の場合を例にすると、ローンの借入金(住宅以外の、自動車ローンなども含む)の
総返済負担率が、以下の基準を満たしていることが「借り入れ条件」になります。

※財形融資、銀行・信用金庫等、ローンの種類や機関により借り入れ出来る条件は変わります。

年収 返済負担率
400万円未満 30%
400万円以上 35%

例えば、年収500万円の方は、返済する総額が35%の175万円未満なら
貸してもらえる条件のひとつはクリアしていることになります。



家づくりをする方のほとんどは、返済に関しては、住宅ローンで借入金返済をしていきますので、
返済可能額と、借り入れ可能額を知っておくことも重要です。

住宅ローンの年間返済可能額の目安は、種類や返済年数によって違いがありますが
一般的には世帯年収のおおよそ25%以内までと言われています。
年収が400万円でしたら、返済可能額の目安は100万円ということです。

また、住宅購入の際の頭金は、一般的に総額の20%くらいが目安ですので、
借り入れに必要な金額は総額の80%ということになります。

借り入れ可能額は、「年収に対する総返済負担率」と、「物件の建設費(または担保評価額)に
対する融資率」から計算した金額のうちの、どちらか低い方となります
  総返済負担率=(すべてのローンの年間返済額)÷(年収) ×100

「自分にはいくらの家が建てられるか」 「返済がちゃんとできるか」

「いくらの家が建てられるのか」の答えを出すには、
「どのくらいの住宅ローンを借りられるか」、「無理のない返済が出来るか」を
しっかり把握しなくてはなりません。
現在の年収や自己資金、ご両親からの贈与、土地の有無、家族構成など、
いまの自分の資金と力の情報を整理することです。

住宅ローンは借金です。出来るだけ少ないに越したことはないので頭金は多いほど安心です。
家計の収支に影響する今後のライフプランの変化や、不測の事態が起こることを想定して、
出来るだけ借り入れ可能な枠一杯ではなく、余裕をもった計画が大切です。

現在、住宅ローンの融資額は、金融機関によっては90〜100%まで融資を受けられる場合があります。
無理のないしっかりした返済計画が立てられるという条件が揃えば、頭金なしで建てることも可能です。
ただ、無計画に頭金なしで借り入れすると後々の支払いが大変になりますので、その点を十分ご注意ください。

 ※住宅ローンについてもっと詳しく知りたい場合は
 住宅支援機構の 「住マップ」住宅ローン入門 がわかりやすくておすすめです。

全国の工務店では、安心して家づくりが出来るよう、イベントとして
住宅ローン関連の金融セミナーを開くこともよくあります。
イベント情報をチェックして、参加出来るものがあったらご参加ください。

>>家づくりイベント情報




予算の立て方(資金計画)

予算の立て方(資金計画)
家づくり計画
注文住宅は事前の資金計画がとても大事です。特に、敷地の購入からの家づくりをする方は、
土地を買う前に資金相談を受けましょう。

@ライフプラン・メンテナンスを考えた家づくり計画
資金計画を立てる際、一時的な出費は、積み立てておくなど準備をしておきましょう。
家を新築すると固定資産税、損害保険など、賃貸ではかからなかった費用が発生します。

A頭金の必要性
家づくりをする、あるいは家を購入するとき、頭金20%のほか、諸費用や税金分などは
別途準備しておいた方が後々楽です。

住宅ローンは物件の8割までと限定しているものもあります。
2割の頭金が準備できていれば、金融機関の有利なキャンペーン金利も利用しやすくなります。
頭金は大きいほど住宅ローンは小さくて済み、総返済額を抑えられます。

注文住宅の方は多めの準備を
土地から取得して注文住宅を建てる方の場合は、頭金は2割では不足する場合もあります。
注文住宅の場合は、土地の売買契約と土地のローン契約、建物の建築請負契約と
建物のローン契約が必要になるので、それぞれ手付金や中間金などの現金支払いが発生するためです。



住宅ローンシミュレーション(リンク集)


住宅ローンリンク集
住宅ローンシミュレーション 財)住宅保証機構の住宅ローン・シミュレーションのページ。WEBでフォームに入力しながら、住宅ローンをご利用になる場合の返済額を試算します。
フラット35 住宅金融支援機構の最長35年長期固定金利住宅ローンのシミュレーションが出来ます。
ベクター(DLソフト) いろいろなローン返済シミュレーション用ソフトがダウンロード出来る、ベクターのサイト。


工務店の住宅展示場 〜 家づくりの夢をかたちにする工務店のネット上の住宅展示場