失敗しない不動産購入の基礎知識

失敗しない不動産購入の基礎知識
建築基準に関する制限
見学会イメージ写真
地盤調査
不動産購入の基礎知識
>>まじめな工務店の住宅展示場トップに戻る


建築基準に関する制限

建設する敷地について調べよう
建築基準法は、建物と土地の安全性と、都市計画区域内の建築物の規制に関する法律です。自治体ごとに定められた「都市計画法」など地域ごとの建築制限もあります。

家づくりにおいて、これらの制限に背いて希望通りの夢の家を建てることは出来ません。土地購入の際や建てかえ時に、建築予定地にどのような制限があるかよく調べてから家づくりの計画をすすめてください。

道路と敷地に関する法律
建築基準法では、都市計画区域内に家を建築する場合、 敷地が幅4m以上の道路(国・県・市町村道)に2m以上接していなければなりません。
用途地域
「用途地域」とは、建築基準法で目標とする土地利用に向かない建築物を規制する法律です。
住居系は第一種および第二種低層住宅専用、第一種および第二種中高層住居専用 、
第一種および第二種住居、準住居地域 7つの地域、
商業系は近隣商業地域、.商業地域の2つの地域に分類されています。
建ぺい率と容積率
建築条件で頻繁に出てくる用語が建ぺい率容積率です。
「建ぺい率」は、敷地に建てられる建物面積(建坪)の割合の限度、
「容積率」は、敷地に建てられる建物の延床面積(各階の床面積合計)の割合の限度です。
例えば土地100uに対して建ぺい率60%なら60u、容積率が150%なら延床面積150uまで建築可能です。
建ぺい率・容積率によって「敷地にどの程度の大きさの住まいを建てられるか」が決まります。

◆建ペい率= 建築面積
敷地面積
×100 ◆容積率= 延べ面積
敷地面積
×100

建物の高さ制限と斜線制限
低層住居専用地域では、建築物の高さを10mまたは12mに制限しています。
高さ制限の他に斜線制限として、道路斜線制限、隣地斜線制限、北側斜線制限の3つがあります。
上記のような制限をクリアしているか、各「地方自治体名」と「都市計画」のダブルキーワードで検索すると、所有・購入予定地の建築基準法制限がわかると思います。

例)「横浜市 都市計画」 >>横浜市i−マッピー(まちづくり地図情報)



地盤調査

地盤調査・地盤改良
作成中
家づくりを成功させるには



不動産購入の基礎知識

不動産購入の基礎知識

ベタ基礎だから安心? 
不動産広告 
業者への問い合わせ 
買い手市場? 即日完売? どっちなの?  
住宅ローンは慎重に  
大手だから安心?
モデルルームは実際と違う?  
1件だけ見て決めちゃうなんて  
申込金(申込証拠金)と手付金の違い  
キャンセル 解約 解除
マンションにも建て替え時期がやってくる  
住宅の保証期間
住宅性能表示制度 
ホームドクター株式会社提供)



工務店の住宅展示場 〜 家づくりの夢をかたちにする工務店のネット上の住宅展示場