初めての家づくりに成功するための5つのステップ
◆ステップ1 夢をかたちにするために仮のテーマを決める

まず最初に、家づくりの第一歩として、今後のあなたのライフプラン(人生設計)を考えた上で
「どんな家に住みたいか」「自分がどんな家を建てたいのか」というテーマを決めることが大切です。

「家づくりのテーマ」は、あなたが考える一番重要な「住まいに対する目的・目標」になり、
今後、ライフプランにそって家づくりをする上で、その実現に向けた情報収集や行動の指針になります。
ただ、いきなりテーマを決めるのは難しいですから、まずは草案として「家づくりの仮のテーマ」を考えましょう。

下記に、現在の年代別、シチュエーション別に、「家づくりのテーマ」の例題をあげましたので、
ご自身の「家づくりの仮のテーマ」のを考える参考にしてください。

20代 アパートに住む
ご夫婦共稼ぎ世代
「家賃並みの月額ローンで手に入る、オール電化の省エネ住宅」
「賃貸住宅では飼えない、夫婦二人とも大好きなペットの犬とともに暮らせる家」
30代 お子様がいる
子育て世代
「アレルギー体質の子供の健康を考えた、無垢材の木を使った気持ちのいい家」
「お母さんが思春期の子供と向き合え、家事が楽しくなる対面キッチンがある家」
40代 両親が高齢で同居を考える世代 「親と同居出来る3階建て、住んでいる全員が集い語らう広いリビングがある家」
「大容量の作りつけ収納庫があり、大地震に備えた安心な免震構造の家」
50代
以上
子供が巣立っていく世代 「子供が巣立った後に住まう、車椅子でも動き回れるバリアフリーの平屋」
「家庭菜園で野菜を育て、縁側で日向ぼっこ出来る、スローライフ向け和風の家」
このように、「自分はこれから建てる家に何を一番望んでいるか」を考えればいいのです。

ポイント
アレルギー体質というのは、いつ表面化するかがわかりません。特に遺伝的要素があれば、
シックハウスの可能性高い建材を使った家づくりは危険な可能性をはらんでいます。
特に、お子様がいるご家庭は、自然素材の健康住宅づくりは考慮すべきことのひとつではないでしょうか?

当サイトでは、「家づくりの仮のテーマ」の草案を決めるための例題として
PDFファイル形式でモデルをご用意しました。
これを参考に、あなた自身に置き換えてテーマを考えるためにご利用ください。

家づくりのテーマ作成シート(モデル草案)作成中


◆ステップ2 工務店の住宅展示場で住まいの機能について知る

当サイトでは、ハウスメーカーが出展している実際の住宅展示場のような、
木造軸組み、ツーバイフォー、コンクリート造といった建築材料や工法など
住まいの構造中心の分類をしていません。

家づくりをされる方がテーマを探す時に、もっと具体的に「夢」と「暮らし」をイメージ出来るように
「自然素材住宅」「省エネ住宅」といった「住宅機能カテゴリー」に分類することで、
住宅機能も「家づくりの夢のかたち」の大事な要素として、「家づくりのテーマ」づくりや
工務店を選ぶ時の基準になります。


◆ステップ3 家づくりを成功させるために必要な情報

「家づくりの仮のテーマ」が決まったら、今度はその夢をかたちにするための情報を集めます。

現在、インターネット、市販の書籍、住宅雑誌、工務店発行の情報誌など、
家づくりに必要な知識・情報ソースには事欠きませんが
最もためになる情報収集手段は、工務店が主催する構造見学会、完成見学会、セミナーに
実際に何度も(最低でも3回は)参加することです。

例えば、これから実際に住む人がいる等身大の家を会場に使う完成見学会は、
「住む人がどんな暮らしをしたいか」という思いが反映されているので、
「家づくりのテーマ」を考える上で、これ以上参考になる家はありません。

目的意識をもって参加すれば、家づくりにとって
最も重要と思われがちな、構造、工法、間取りといった知識以外にも、
ライフプランに合った家づくりのポイントをたくさん吸収することが出来ます。

工務店イベントに参加し、また一生懸命家づくりについて勉強すれば、
きっと1回目でも満足出来るいい家は建てられます。


イベント情報のポイント


◆ステップ4 自分にかなった家づくりの、本当の意味でのテーマを決める

「家づくりの仮のテーマ」を元に、情報を収集し、イベントに積極的に参加し、
家づくりについて学んだら、資金計画や、家族構成、ライフプランなど、現状を把握してふまえて
いよいよ夢を確実に実現させるための「自分にかなった家づくりのテーマ」を決めます。

20代 アパートに住む
ご夫婦共稼ぎ世代
@ 夫婦共稼ぎをしているが、子供が出来て妻が育児で仕事を辞めた時に、支払いが滞って家を手放す事ががないように、現在のアパート並みの家賃で住宅ローンを払える、ローコストの次世代住宅を建てたい。
A 子供は1人欲しいので、間取りは3LDKがよい。子供の動きをどこからでも見られるような間取りにしたい。
B 妻がアレルギー体質なので、無垢材の床と珪藻土壁を使った自然素材の家を希望。健康に過ごせるための提案をしてくれる、都内の工務店に頼みたい。
30代 お子様がいる
子育て世代
@ 子供が学校や塾からいつ帰ってきた事がわかるように、階段を1階のリビングにしたい。学校や友達の話が出来るように、キッチンも対面式にしたい。
A お父さんが家で威厳を保ち、また帰ってくるのが楽しみになるように、小さいスペースでも書斎コーナーを作りたい。
B 玄関は開放感のある吹き抜けにしたいけど、ヒートショックがない高気密・高断熱の家を希望。断熱材は、話題の自然素材で出来たセルロースファイバーがよい。神奈川県川崎市で施工が出来る住宅会社で施工希望。
40代 両親が高齢で同居を考える世代
@ 高齢者の両親が介護が必要になっても対応出来る、手すりなどをつけたバリアフリーの仕様。予算が合えばホームエレベーター設置。
A 両親とはお互いのプライバシーも考えて玄関が2つの二世帯住宅がよい。ただし、3世代が団らんできる広い共有スペースが欲しい。
B 首都圏でいずれくる大きな地震に備えた免震住宅を建てたい。神奈川県川崎市で耐震住宅の実績のある住宅会社で施工希望。
50代
以上
子供が巣立っていく世代
@ 定年近く、子供も巣立ったので今のマンションを売却して、縁側と庭のある平屋で家庭菜園をしたい。
A 子供や孫が時々泊まり来られる部屋を作りたい。全体的には和モダンで飽きのこない外観、内装を希望。
B 火を使わない安全なIHコンロもあり、子供たちの世代の地球環境も考えオール電化住宅にしたい。

当サイトでは、「自分にかなった家づくりのテーマ」を決めるために
参考となるモデルプランをご用意しました。どうぞ上手にご利用ください。
これを参考にご家族で話し合いながら、あなた自身とご家族のための「家づくりのテーマ」をここで決定します。

決まったテーマは、どのような工務店に依頼するかという選択のための価値観の基準となります。

家づくりのテーマ(本テーマ・モデル)


ステップ5 同じ価値観の工務店を探す

「プラン」まで決まったら、その夢をかたちにしてくれる工務店選びです。
どんなにいい工務店でも、希望の工法が施工出来なければ意味がありませんし
考え方に隔たりがあれば、後々後悔することにもなりかねません。
あなたが決めたテーマを実現してくれる、「同じ価値観の工務店」を選び、
一緒になって家づくりをすることは、いい家づくりに欠かせない一番大切なことです。

工務店を選ぶための情報は、見学会、セミナーなどのイベントや、工務店の事務所に行く
チラシを見るなど様々な方法がありますが、既に「自分にかなった家づくりのテーマ」を
決めている方は、検索エンジンで「テーマ 建築予定の地域名」を入力すれば、
必ず、ご自身の「自分にかなった家づくりのテーマ」に近い価値観を持った
あなたの地域の工務店のホームページが見つかります。

では、実際にインターネットのホームページで工務店を選ぶためのポイントを考えます。


インターネットで、工務店のホームページを見たとき、あなたはどの項目を重視しますか?

まずは、完成事例、施工例などの写真や、工法の説明、住宅の保証制度にちゃんと加盟しているかなどを
真っ先にご覧になるかもしれません。
もちろん間違いではありませんが、選択のポイントとして最も大切なのは、
実は、意外と見ないかもしれない「工務店の理念」です。

@ 工務店のホームページには、理念、社長メッセージ、ごあいさつ、コンセプトといった
項目が必ずあると思います。
ここには、工務店が「どんな家づくりをめざしているのか」「どんな姿勢で家づくりをしているのか」、
お客様に向けて訴えるメッセージが文章のどこかに込められています。

しかし、チラシなどでよく見かけるどのようにもとれるあいまいな言葉や、
業者任せで作られたようなメッセージ、例えば
自由な発想で、あなたの夢の家造りをお手伝いしたい!」「地域に貢献する家づくり」などでは
工務店がどんな理念で、どんなこだわりで家づくりをしているかわかりません。
また、理念自体が存在しないホームページもあると思います。
ハッキリ申し上げて、こういった事しか書かれていない工務店はあまりおすすめ出来ません。

もちろん、その中にも「仕事内容で勝負」という工務店もあるでしょうし
「ウチの会社は何でも出来るから」という事もあると思います。
ですが、ホームページを開設しているにもかかわらず、しっかりした理念、こだわりなど
家づくりを考える方へメッセージを伝える気がない工務店が「果たしていい工務店なのでしょうか?
少なくとも、ネットで選ばれる気持ちがあるとは思えないのですが・・。

また、もしホームページの理念を読んで心が動かされたら、
それこそが「夢をかたちにする地域で愛される工務店」が発信している本当のメッセージです。
私たちのサイトに出展している工務店の理念の一部を抜粋させていただくと、例えば・・・
私は断言します!自分や子供たちの手足が触るような身近な部分、
毎日寝起きをする場所には、昔の普通の素材、つまり「本物」を使うべきなのです。
そして、本当に笑顔と誇りに満ちた家を手に入れて欲しいと願っています。

(東京都 新井建設
「きもちのよい家に住みたい」は住む人の思いです。
「きもちのよい家をつくりたい」は私達の思いです。
2つの「きもちのよい」の中身は必ずしも同じではありませんが、
私達は住む人もつくる人もきもちがよいと思える家をつくりたいのです。

(東京都 夢職人
また、工務店のサイト・トップページの上部、タイトル(社名)の近くあるキャッチフレーズ
例えば
「自分が住みたい家、そして家族を住ませたい家」をモットーに 大好きな家族と、
気持ちよく、健康に、明るく、楽しく暮らすための自然素材の家造り、リフォームに奮闘中です!

(宮城県 タカハシ建築工房) など工務店のお客様に向けてのこだわりに対するメッセージです。

これらを、「自分にかなった家づくりのテーマ」に照らし合わせて、あなたが共感したなら、
是非、「家づくりの夢をかたちにしてくれる工務店の候補」として依頼先リストに加えて
ご検討いただきたい、実際にご契約して幸せな家づくりの夢を叶えていただいたいと考えています。

A 「お客様の声」などのページに掲載しているOB客の評判に関しては、その会社の家づくりに
成功している方々なので、基本的にはみな良い事が書かれています。
でも、本当に注目すべきは、そういったほめ言葉ではなく、具体的に書かれた
「どこがよかったか」という文章がキーワードなのです。
@の理念にそった家づくりがされているのか、「あなたの家づくりのテーマに近いお客様からの声が
あるかどうか」などの情報が得られると思います。

B 過去に開催したイベント情報があれば、どのくらいの間隔、頻度で開催しているか、
またそれはどんなイベントだったかを是非ご覧になってください。
定期的に開催しているという事は、それだけ情報発信・情報公開に熱心である根拠にもなります。

C 一般的な会社概要、特に「建築営業許可」を持っているか、住宅に関する保証制度に加盟しているか、
どんな資格をもったスタッフがいるのかなどは、会社概要のページなどできちんとチェックしてください。

D 最近多い、社長やスタッフブログでは、工務店の実際の日常の様子がわかることがあります。
実際に工務店を訪ねて行く場合、知っている人のような感じで話しやすくなるという効用もあります。
ただし、あくまでこれはインターネット上の情報を元にしていますので
必ずご自身で工務店を訪ね、ネットの情報が事実であるのか確認をする事が必要です。


当サイトで調査した結果では、
「家を建て、そして暮らしてみて本当によかった!!」と、どの世代でも満足した方が多かった
家づくりのテーマは「家族が健康で、仲良しになる、安全な家」でした。

「子育て優先専門店」の、九州のある工務店さんはでココロとからだによい家をつくるために
・家族と会話しながら調理できる、なんとなく家族も手伝いたくなるようなキッチン
・さらっとした自然素材でさわやか、ほんの少し遊び心のある間取り
といった基本姿勢をかかげ、地方の工務店であるにもかかわらず、全国から注目を集めています。

「住む人の幸せを第一に考えた、人に優しい素材を使い、家族の絆が深まる間取り、
子供のいる家族のための子育てを優先した家づくり」に取り組むこういった工務店は

 ●自分たちがつくる家が、お父さんがまっすぐに帰って来たくなる「ほっと心安らぐ団らん」がある家、
 ●お母さんが家族とおしゃべりしながら料理が出来る、家事をすることが楽しい家、
 ●家族の気配がよくわかる間仕切りが少ない間取り
 ●子供が帰って来たことがわかるリビングを通る階段

など、家族にとってかけがえのない、やすらぎの場所であることを願い、家づくりをしています。

この「家族が健康で、仲良しになる、安全な家」を掲げている地域の工務店は
あなたの近くにもきっとあります。

5つのステップにそって「自分にかなった家づくりのテーマ」を見つけ、そして
「家づくりの夢をかたちにする工務店」と是非めぐりあってください。